NEWS

2018/10/30

白石康次郎さんが2020年ヴァンデグローヴ参戦決定!

DMG MORI SAILING TEAMが誕生
単独・無寄港・無補給の世界一周ヨットレース Vendée Globe2020へ挑戦

『DMG MORI SAILING TEAM』が白石康次郎さんをスキッパーに迎えて発足しました。高山正樹と木南卓也は、このプロジェクトに参画し、チームロゴのデザインおよびヨットのグラフィックデザインを担当。その他にもチームウェアなどデザインに関わること全般をディレクションしていきます。

以下、DMG MORI SAILING TEAMのプレスリリースです。
“Vendée Globe”は、世界一過酷なヨットレースとして、1989 年から4年に一度開催されており、開催地のフランスでは「テニス全仏オープン」、「ツール・ド・フランス」と同じく注目を集めるスポーツ競技であり、欧州各地では高い認知度を誇ります。白石 康次郎氏は、2016年大会にアジア人として初出場を果たし、完走を目指したものの、マストトラブルにより残念ながらリタイアとなりました。2020年11月からスタートする第9回大会では、DMG 森精機の一員として約80日間のレースの完走を目指します。
DMG 森精機は、長年、航空機、宇宙、自動車、船舶分野をはじめ、あらゆる産業に工作機械とソリューションをお届けして参りました。特に、高精度、速さ、耐久性を求められるFIA世界耐久選手権や、FIA 世界ラリー選手権等、トップクラスのモータースポーツ分野において、長年テクニカルパートナーとして経験を培って参りました。
この度、DMG 森精機はこれまでの経験を生かし、あらゆる自然環境にも耐えうる剛性、精度を追求した最先端の船艇で 2020年11月に開催される“Vendée Globe2020に出場いたします。
DMG 森精機は、お客様に最先端の工作機械とソリューションをお届けするとともに「DMG MORI SAILING TEAM」の活動を通して、製造業の発展に貢献して参ります。

DMG MORI SAILING TEAM スキッパー 白石 康次郎

DMG 森精機株式会社 取締役社長 森 雅彦

 

プレスリリース